おすすめのノミ・ダニ駆除薬「フィプロフォートプラス」

フィプロフォートプラス

ペットを飼っている人にとって必須とも言えるアイテム、それがノミ・ダニ駆除薬です。

ノミやダニは、一度ペットの体に寄生するとまたたく間に繁殖し、人力では駆除しきれない数に膨れ上がります。駆除薬の力を借りて駆除するほかありません。

そこでおすすめしたいのが、「フィプロフォートプラス」というノミ・ダニ駆除薬です

日本国内の動物病院では現在「フロントラインプラス」という駆除薬を処方するケースが多いですが、「フィプロフォートプラス」は、そのフロントラインプラスのジェネリック医薬品。フロントラインプラスと同じ成分を含み、同様の効果を発揮します。

フロントラインプラス

また、フロントラインプラスよりも安価に購入できるというのがポイント。ノミ・ダニ駆除薬は寄生を予防することもできるため、ペットが生きている限りずっと使用し続ける=購入し続けることになってしまいがち。

しかし、そうなれば駆除薬にかかる金額は相当なものになってしまいます。同じ効果を得られる薬を安く手に入れることができるとなれば、これを選ばない手はありません。

ただし、「フィプロフォートプラス」は現在、日本国内の動物病院では処方されていません。ではどうやって購入すればいいのでしょうか?ここでは、そんな「フィプロフォートプラス」のお得な購入方法について、また「フィプロフォートプラス」の詳細な効果や特徴について徹底解説します

通販サイトを使えば安く手軽に買える!

フィプロフォートプラス

フィプロフォートプラスは、フロントラインプラスと同じ有効成分を使って作られたジェネリック医薬品(後発医薬品)。すでにフロントラインプラスで効果の高さや安全性の高さが実証されている有効成分を使っているので、「開発コストが抑えられている=販売価格も安い」というのが最大のポイントです。

しかしこのジェネリック医薬品、海外では一般に流通しているものの、日本ではなかなか扱っている動物病院が見つからないというのがネック……ですが、購入する方法がないわけではありません。

それは、海外製のフィプロフォートプラスを扱っている通販サイト(個人輸入代行サイト)を活用すること!ペットを飼うのに必要なグッズ、たとえばエサ皿や首輪やリードなどをネット通販で購入した、という方は多いと思いますが、同じような感覚で医薬品専門の通販サイトを使い、薬を手に入れることができるのです。

輸入の手続きは全部お任せ!便利な個人輸入代行サイト

個人輸入代行サイトで購入するユーザー

家にいながらにしてフィプロフォートプラスを注文し、届けてもらうことができる通販サイト(個人輸入代行サイト)。「医薬品の輸入」という、本来ならさまざまな手続きが必要な作業をお任せできるのが大きなメリットといえます。

ちなみに、「薬の輸入なんて勝手にやったら捕まるんじゃないの?」と不安に思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

個人の責任において、個人が使用する目的で医薬品を輸入することは認められています。ただし、他人に売る目的で輸入したりすることは許されていないので、その点は注意する必要があります。

フィプロフォートプラスを購入する

「フィプロフォート」との違いについて

「フィプロフォートプラス」を扱っている通販サイト(個人輸入代行サイト)の商品ラインナップの中には、多くの場合、「フィプロフォート」という商品が含まれています。

「フィプロフォートプラス」と「フィプロフォート」の違いは、配合する成分にあります。「フィプロフォート」が、ノミやダニの駆除作用を持つ「フィプロニル」を有効成分として配合している一方、「フィプロフォートプラス」にはフィプロニルに加えて「S-メトプレン」という成分が含まれています。

要するに、「フィプロフォートにS-メトプレンをプラスしたのがフィプロフォートプラス」というわけです。

「フィプロフォートプラス」はノミの幼虫の成長も阻害する

S-メトプレンには、ノミやダニの駆虫作用はありません。この成分は、ノミの幼虫の成長を阻害する作用を持つ成分です。フィプロニルとS-メトプレンとの“合わせ技”によって、より高い精度でノミの寄生予防を実現することができます。

フィプロフォートはより安全性が高い

「フィプロフォートプラス」は、より効果的にノミ・ダニを駆除する薬。

一方、フィプロフォートがノミ・ダニ駆除薬として劣っているというわけではありません。フィプロフォートは主成分がフィプロニルのみというシンプルな薬であり、その分、ペットの体に負担をかけることがありません。

生後6週を過ぎたばかりの子犬や子猫などにも安心して使用でき、妊娠や授乳期を迎えているデリケートな母体に薬の影響による副作用が現れるリスクを抑えることができます。飼っているペットの状態に合わせて選ぶことをおすすめします。

フィプロフォートプラスを購入する

ノミ・ダニの危険性とは?

ノミやダニによる被害は、寄生したペットの体にかゆみを発生させるだけではありません。ノミ・ダニは、その小さな体の中に危険な感染症の原因となる寄生虫を持っていることがあり、ペットにとっては非常に危険な存在なのです。

ここでは、ノミやダニの危険性について詳しくご紹介しましょう。

ノミによる被害について

ノミによる被害について解説する医者

ノミはペットの血を吸って生きる生物なのですが、吸血を行う際にアレルゲン物質が含まれた唾液を体内に送り込み、そこからアレルギー性皮膚炎を引き起こします

アレルギー性皮膚炎はかゆみのほか、肌のただれ、水ぶくれなどの症状を引き起こすことがあり、一度発症するとなかなか厄介です。

ノミ自体を死滅させないことには治療が進まないうえに、皮膚の炎症した部分から細菌が入って皮膚が化膿するなどの二次被害も十分に考えられます。

また、ノミの吸血によってペットが貧血状態に陥る場合もあります。特に体が小さいペットはより貧血になる可能性が高まるので気を付けましょう。

ダニによる被害について

ダニによる被害について解説する医者

ダニはノミと同じく吸血を行うため、吸血部分からアレルギー性皮膚炎を起こす可能性が高いです。

そしてダニはノミよりも体が大きく、媒介する感染症の種類が多いということがわかっています。ダニ、特にマダニが媒介する感染症の中には命を落とす可能性すらあるものもあり、非常に危険です。

吸血後に大きく膨れ上がったダニをつまんで無理にペットから引き剥がそうとすれば、ダニの体がつぶれてペットの体内に寄生虫が流れ出てしまうため、ダニの駆除はかならず駆除薬を使用するようにしましょう

ノミやダニは人間にも被害を及ぼす

ノミやダニは主に犬や猫に寄生しますが、人間の体に寄生する場合も十分に考えられます。さらに、犬や猫にとっては無害でも、人間が感染するととても危険な寄生虫を媒介することもあります

そのためペットのノミ・ダニ駆除・予防は、飼い主にとっても重要といえます。ペットと飼い主が健康に生きるために、「フィプロフォートプラス」のような駆除薬は欠かせないアイテムなのです。

フィプロフォートプラスを購入する

「フィプロフォートプラス」の特徴とは?

「フィプロフォートプラス」は、ノミ・ダニ駆除薬として世界中で使用されているフロントラインプラスのジェネリック医薬品。ノミ・ダニの卵から成虫まで幅広く駆虫する効果があり、一度使用すると効果が一ヶ月間持続するため予防薬としても使用できます。

ジェネリック医薬品なので安い

ジェネリックについて説明する医者

「フィプロフォートプラス」は先発医薬品であるフロントラインプラスをもとに開発されたジェネリック医薬品であるため、同等の効果を持ちながらより安価に購入することができるのが最大のメリットです。

フロントラインプラスは一般的に3本入り4,000円前後で販売されていますが、「フィプロフォートプラス」の販売価格はなんとその半分の2,000円前後となっています。

約1/2の価格で同じ効果が得られる駆除薬を手に入れられるとなれば、かなり経済的といえるでしょう。

スポットオンタイプタイプで薬嫌いのペットにも使用できる

喜ぶ獣医と犬

「フィプロフォートプラス」は、ペットの肌に直接薬剤を滴下するスポットオンタイプの駆除薬です。

服用するタイプのノミ・ダニ駆除薬も多数販売されていますが、薬が嫌いなペットは服用薬を口にしてくれないこともあると思います。また、口にしても吐き出してしまう場合もあります。

一方、スポットオンタイプなら肌に滴下するだけなので、薬嫌いなペットに対してもストレスを与えることなく投与が可能です。飼い主にとって投与がしやすい=使用しやすい駆除薬であると言えるでしょう。

犬用と猫用が販売されている

猫用のフィプロフォートプラス

犬や猫にとってノミとダニが危険な寄生虫であることは同じですが、犬と猫は体質や体の大きさが異なるため、使用するべき駆虫薬も異なります

ところが、数多く販売されているノミ・ダニ駆虫薬の中には犬用しか販売されていないケースが少なくありません。そういうわけで、猫用の駆除薬選びに迷っている方も多いのではないでしょうか。

「フィプロフォートプラス」の場合、犬用と猫用の製品が用意されているのでご安心ください。飼っているペットの種類や体重に合わせた「フィプロフォートプラス」を使用すれば、確実にノミ・ダニを予防することができます。

副作用について

副作用について解説する医者

「フィプロフォートプラス」の有効成分による副作用はほとんど報告されていません。とはいえ、個体差や体調によっても副作用があらわれる可能性があります。

現在報告されている副作用にはかゆみや肌が赤くなるなどの症状、皮膚の乾燥、脱毛などがあるため、「フィプロフォートプラス」を投与後しばらくはペットから目を離さないようにしましょう。投与後に異変が起きた場合は、かならず獣医師に相談するようにしてください。

また、「フィプロフォートプラス」はスポットオンタイプの薬剤ですが、体内に入ると悪影響を及ぼす可能性があります。誤ってペットの口や傷、目に入ってしまった場合は水でよく洗い流した後、獣医師の診断を受けましょう。

「フィプロフォートプラス」の使用感や評価について

ここでは、「フィプロフォートプラス」に関する口コミを紹介しています。購入する前に、ぜひチェックしてみてください。

★★★★★

「今まではフロントラインプラスを使用していました。でも安いと聞いてからフィプロフォートプラスに切り替え。問題なく使えていますし、圧倒的にフィプロフォートプラスのほうが安いのでちょっとでも節約したい方にはおすすめできます」

★★★★☆

「うちの子は長毛なので寄生しやすいのか、予防していてもたまにマダニが引っ付いてくることがありました。でもフィプロフォートプラスに切り替えてからはそんなことがなくなって、予防効果の高さを実感しています。安いのにここまで効果があるなら、もっと早く使っていればよかったと後悔するほどです」

★★★★★

「フィプロフォートプラスを使っていれば、自然の多い場所に遊びに行くときも安心。草むらで長時間遊んだあともノミやダニがくっついてくることがありません。散歩中はどこで寄生されるかまったくわからないので、予防薬を使っておくことは大切だなと思います。フィプロフォートプラスは安く買えてお財布に優しいですし、犬や猫を飼っているご家庭なら買っておいて損はないでしょう」

★★★★★

「猫用のノミ・ダニ駆除薬を探していたところ、友人からフィプロフォートプラスをすすめられました。最初は通販でしか買えないことや安すぎることから、「本当に効果があるのか?」と疑っていたのですが、今ではなくてはならない存在になっています。安くてこれだけしっかりノミやダニを予防してくれるなんて、本当に理想的なお薬だと思います」

★★★☆☆

はじめてスポットオンタイプの駆除薬を使用したのですが、うちの子は滴下した部分をすぐ舐めたがるので投与が大変です。薬剤が口に入ると大変なのでなんとか毎回舐めないように見張っています。でも駆除効果はちゃんとありますし、通販で購入できるのは便利ですね。

★★☆☆☆

徹底的に薬が嫌いな我が家の猫。服用薬が大嫌いでフィプロフォートプラスに変えたものの、スポットオンタイプもお嫌いなようで投与する度に嫌がられます。でも薬剤が乾いてからは気にならないようなので、乾くまでの我慢。服用薬を口にしないほどの薬嫌いにはかなりいいのではないでしょうか。

★★☆☆☆

効果も安さも満足していますが、投与後は丸一日シャワーできないのはちょっと困ります。散歩してどろどろになっていてもシャワーできないので、散歩が終わった後に投与するなどの工夫が必要です。それ以外は問題ありません。

フィプロフォートプラスを購入する

手に取った1回分の薬

アレルギーに注意

ノミというのは非常に小さな虫で、注意しないと見つける事が出来ない虫です。ですが、噛まれることでアレルギー性の皮膚炎を起こしたり、もっと恐ろしい症状を発症させる可能性があるのです。

詳細を読む

沢山重なったシート

命を奪う可能性も

ダニはノミと比べると非常に大きな虫ですが、この虫に噛まれる事で発症する病気の中にはバベシア症という命に関わるような病気があります。見つけた際はきちんと駆除を行い、ペットと自分のみを守りましょう!

詳細を読む

数枚の薬シート

通販で買おう

フィプロフォートプラスは通販で購入することができます。ノミダニ駆除に利用されるフロントラインよりも安価に購入できるので、今までフロントラインで駆除を行っていた人も乗り換えを検討してみてもいいのではないでしょうか。

詳細を読む

ボトルからあふれる薬

コンテンツ一覧

「フィプロフォートプラスでノミやダニを駆除しよう!」のコンテンツ一覧です。

詳細を読む

TOPへ